お歳暮の由来と伝統って?

お歳暮の由来と伝統って?

今では虚礼廃止ムードの広がりや、企業の予算が縮小することによって以前ほどお中元やお歳暮の習慣というのは活発でないように思います。
ですが、それでも毎年時期がやってくるとお中元やお歳暮を意識したテレビコマーシャルが流れますし、百貨店では特設コーナーが盛況になります。
何かのご挨拶を手ぶらで出来ない私たち日本人の国民性というのは千年経っても変わらないということですね。
さてお歳暮とはそんな慣習の中で、歳の暮れのご挨拶をするためのものです。
古くは「歳暮の礼」と呼ばれて新年を迎えるために必要な食べ物などを親元や本家に持って行くという風習から始まったものです。
現在では食べ物や生活物資が不足しているという時代でもありませんから、お世話になった人に一年間のお礼とご挨拶を兼ねて物を贈る風習へと変化しました。
お歳暮と言うくらいですから、お歳暮を贈るのに最も適した時期は年末です。
ですが年末と言ってもいつからいつまでを指すのでしょうか。
年末という言葉通り12月31日までが年末です。
ですが年の瀬の押し迫った時期にお歳暮が届いてもかえって忙しい時に迷惑かも知れませんから、一言で年末と言っても適切な時期があります。
しかも日本の伝統的な風習というのは地域によって慣習に差がありますので、お住まいの地域によって適切な時期を知っておく必要があります。
お歳暮の適切な時期を知る上で必ず関わりがあるのが「事始め」という行事です。
事始めというのは例年12月13日〜20日の間で設定され、お正月のお祝いの準備を始める日とされています。
本来お歳暮とはお正月準備の足しにしてもらおうというものですから、お正月の準備を始める日に届けば一番助かります。
そのため、事始めの日に合わせて届けるのがお歳暮の最も正しいマナーとなります。
事始めの日を強く意識する関西に対して、関東では12月になればいつでもOKという文化になっており、関西よりもお歳暮シーズンが早まる傾向にあります。

このような伝統的な事情とは別の理由で、最近ではお歳暮シーズンが早まっています。
それにはお歳暮商戦が影響しており、早期割引などお歳暮の顧客を早めに囲い込もうとする商戦の結果、お歳暮の手配をする時期はずいぶん早まるようになりました。
ですがお歳暮そのものが届けられる時期が早まったわけではありませんので、関東及び関西の適切なお歳暮のタイミングを知っておいて損はありません。
あまり意識する必要はありませんが、12月26日を過ぎたお歳暮に関しては寒中見舞いとなりますので、これも知っておくと便利です。