お歳暮を送る時期とマナーって?

お歳暮を送る時期とマナーって?

お歳暮の始まりは、お正月に御供え物を持ってみんなで集まった事だと言われています。
お歳暮を贈る時期ですが、以前でしたら新年を迎える準備を始める12月13日から20日までに贈られていたようですが、最近ではみなさんあまり拘っていないのが現状のようです。
百貨店やデパートがお歳暮商戦を繰り広げる11月下旬からでも、それで都合が良ければ構いません。
ただ、年末の何かと忙しい時期にお歳暮が届くのは先方の迷惑にもなりかねませんので、出来れば12月20日までには届くようにしたいものです。
また、お歳暮を贈る相手ですが、結婚式の仲人をしてくれた方には感謝の気持ちを表す為にも忘れずに贈っておきましょう。
最低でも、3年間は贈り続けるのが一般的です。
仕事でお世話になっている上司にも贈っておきたい所ですが、お歳暮というものは続ける事に意味があります。
贈る際には、これから先も長い間お世話になると思われる上司に限るようにしましょう。
親戚に贈る際にも、あの人には出して、あの人には出さないという事がないように気をつけます。
親戚といえども自分にだけ贈られていない事がわかると、なんだか仲間外れにされたような気分になるものです。
お歳暮を贈る際に、送り状や挨拶状を出す年配の方もいらっしゃいますが、これは特に必要ありません。
予め送り状を出しておくと、先方にとって品物が受け取りやすくなるメリットもありますが、逆になんとなくお返しを求めているように思われてしまう可能性もあります。

お歳暮を送る時期とマナーって?関連ページ

お歳暮は喪中の時どうする?
お歳暮を出すのを忘れたら?