お歳暮のお礼状はどうやって書く?

お歳暮のお礼状はどうやって書く?

お歳暮を頂いたら、お礼状はきちんと出すようにしましょう。
感謝の気持ちを伝えるという本来の目的と共に、無事に届いた事を先方に知らせる意味もあります。
電話でお礼を言えばそれでおしまいと思っている人も多いようですが、とりあえずのお礼と受け取った事を知らせる為に電話は掛けたとしても、別途お礼状を出すのが正しいマナーです。
ただし、普段から電話やメールをやり取りしているような親しい間柄であれば、電話だけでもいいでしょう。
どちらにしても、頂いた感謝の気持ちは必ず伝えるようにします。
最近では、字が汚いといった理由でお礼状を印刷して出す場合もありますが、どんなに汚い字でも丁寧に書かれてさえいれば、相手に気持ちは伝わるものです。
また、あなたが受け取る立場であれば、いくら字が汚くてもやはり手書きで書かれている方が、気持ちがこもっているようで嬉しいですよね。
ですから、お礼状は手書きで書くようにしましょう。
もちろん、お礼状は手紙である必要はありません。
丁寧にお礼がしたいのならば手紙になるでしょうが、お歳暮のお礼状の場合は葉書であっても失礼にはあたりません。
綺麗な絵葉書を利用するなど、ちょっとした気遣いがあると受け取る側も気持ちがいいものです。
お礼状を出すタイミングについてですが、お歳暮を頂いたら早急に、出来れば3日以内には出すようにします。
自宅に不在でなかなか受け取る事が出来なかった場合には、まずは電話で届いた旨を知らせると先方も安心するでしょう。

お歳暮のお礼状はどうやって書く?関連ページ

お歳暮にお返しは必要なの?